04.質の高い教育をみんなに

それではゴールの4「質の高い教育をみんなに」について考えてみよう。

教育ですか……。勉強は苦手なんで今回はパスしてもいいですか?

学校の勉強だけが教育という訳ではないんだ。例えば「食育」なんていうのもあるよね。

興味が湧いてきました!

ゴール4「質の高い教育をみんなに」の概要

学校が近くになかったり、先生がいなかったりを理由に、世界には教育を十分に受けることのできない子どもたちが約5,900万人もいると言われています。ユニセフ2018:ユニセフの主な活動分野|教育

 小さい頃から労働を強要されたり、紛争などを原因に学校に行けない子どもの多くは字を習うことができず、読み書きができないまま大人になる人は7億8,000万にのぼると言われています。

 例えば処方箋が読めなければ誤って薬を飲んでしまう可能性があるし、「地雷注意」の看板が読めなければ……世界には字が読めないことで命を落とす人がいる事実があります。

 また、教育を受けられないということは、大人になった時の収入にも影響します。必要な知識、技術、能力を身に付けることができなければ、収入の安定した仕事に就くことができない可能性が高くなります。
 さらに、女の子への教育は以下のような効果があると報告されています。

女の子への教育の効果

  • 5歳未満児の死亡率の低下
  • 児童婚や早すぎる妊娠の減少
  • 教育を受けた母親の子どもは、学校に通う可能性が高くなる

「教育」は全ての課題解決の礎と言っても過言ではないね。

「礎」が読めません……。

「いしずえ」だね。

そして、ただ学校に通うだけでなく、しっかりと読み書きを教えてもらえるといった、「質の高い教育」が求められています。

ゴール4「質の高い教育をみんなに」の日本での課題

ゴール4「質の高い教育をみんなに」の日本での課題はどんなものがあるでしょう??

日本では義務教育が整備されているから課題はないんじゃないですか?

強いていうなら僕は給食の量をもっと増やしてほしかったです。
「量の多い給食をみんなに」というところでしょうか。

小さい頃から食いしん坊だったんだね・・・

「質の高い教育」という視点で考えると、以下のような課題などが日本にはあるよ。

日本の教育の課題

  • いじめなどによる不登校生徒の増加
  • 子どもの学力の低下
  • 学校におけるインターネット環境の整備などの教育の情報化の遅れ

いじめはダメですよね。

絶対ダメ。

ゴール4「質の高い教育をみんなに」に対して私たちができること

でも個人でできることなんてあまりないような……

そんなことはないよ。
以下のようなものも考えられるよ!

私たちができること

  • ボランティアに参加したり、募金する
  • 家庭や地域などでも学べる機会を増やす
  • 世界の教育、日本の教育の課題について興味を持ち、考えてみる

ゴール4「質の高い教育をみんなに」のまとめ

まとめ

  • 世界には教育を十分に受けることのできない子どもたちが約5,900万人もいると言われている!
  • 教育を受けるということは、大人になった時の収入に影響し、貧困を減らすことにも繋がる!
  • ボランティアに参加したり、募金するなど、自分たちでもできることから始めよう!

ゴール4達成のために、目の前の小さなことから意識して取り組んでみましょう。

『質の高い教育』と掛けまして、『野球の試合』と解きます!

そのこころは?

どちらも、せんせい(先生・先制)が大事です!

おあとがよろしいようで!

ゴール4のターゲットはこちら!

4.1 2030年までに、すべての子どもが男女の区別なく、適切かつ有効な学習成果をもたらす、自由かつ公平で質の高い初等教育および中等教育を修了できるようにする。
4.2 2030年までに、すべての子どもが男女の区別なく、質の高い早期幼児の開発、ケア、および就学前教育にアクセスすることにより、初等教育を受ける準備が整うようにする。
4.3 2030年までに、すべての人々が男女の区別なく、安価で質の高い技術教育、職業教育、および大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。
4.4 2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、ディーセント・ワークおよび起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。
4.5 2030年までに、教育におけるジェンダー格差を無くし、障害者、先住民および脆弱な立場にある子どもなど、脆弱層があらゆるレベルの教育や職業訓練に平等にアクセスできるようにする。
4.6 2030年までに、すべての若者および成人の大多数(男女ともに)が、読み書き能力および基本的計算能力を身に付けられるようにする。
4.7 2030年までに.持続可能な開発と持続可能なライフスタイル、人権、ジェンダー平等、平和と非暴力の文化、グローバル市民、および文化的多様性と文化が持続可能な開発にもたらす貢献の理解などの教育を通じて、すべての学習者が持続可能な開発を推進するための知識とスキルを獲得するようにする。
4.a 子ども、障害、およびジェンダーに配慮した教育施設を構築・改良し、すべての人々に安全で非暴力的、包摂的、効果的な学習環境を提供できるようにする。
4.b 2020年までに、開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国、ならびにアフリカ諸国を対象とした、職業訓練、情報通信技術(ICT)、技術・工学・科学プログラムなど、先進国およびその他の開発途上国における高等教育の奨学金の件数を全世界で大幅に増加させる。
4.c 2030年までに、開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国における教員養成のための国際協力などを通じて、資格を持つ教員の数を大幅に増加させる。