09.産業と技術革新の基盤をつくろう

ゴール9「産業と技術革新の基盤をつくろう」について考えて見よう。

最近我が家にも技術革新の波が押し寄せています!ボタンを押すだけでご飯が炊けるマシンが導入されました。

炊飯器のことかな?逆に今まではどうしてたの?

飯盒で炊いてました

大分遅れてる気はするけど、確かに技術革新だね。
それでは9番目のゴール「産業と技術革新の基盤をつくろう」について説明していくよ

ゴール9「産業と技術革新の基盤をつくろう」の概要

スマートフォンや自動運転の車、インターネットに繋がった家電など、産業や技術革新が発展していくことで、私たちの暮らしは便利で豊かなものになっていきます。

この産業や技術革新が今後も続いていくためには、電気、ガス、水道、交通、インターネットなどといった、しっかりとした基盤があることが前提条件となります。

まだまだこの基盤が整っていない国や地域が多くあることが大きな課題と言えます。

私たちが暮らす日本では当たり前のものが、発展途上国では、以下のような状況になっています。(国連広報センター「SDGs最新報告」及びUNICEF「持続可能な開発目標ファクトシート」参照)

途上国の状況

  • 電力供給を受けられない人・・・・・・・・約11億人
  • 水資源にアクセスできない人・・・・・ ・・約8億人
  • 電話サービスを受けられない人・・・・・・約15億人
  • 衛生施設を利用できない人・・・・・・・・約25億人
  • インターネットにアクセスできない人・・・世界の人口の約6割

このような途上国では、基盤の未整備により、企業の生産性が約40%損なわれているという報告もされています。

炊飯器のおかげで、ごはんを炊いている間に寝ることが可能となりました。

もっと有意義に時間を使ったほうがいいと思うよ。

世界では、水を汲む、食事を作るなど、生きていくために最低限必要なことをするだけで1日の大半を費やしてしまう人が沢山います。

水道や電気などのインフラが整備されることで、教育を受ける時間や技術を身につける時間が確保され、産業の発展や技術革新が進み、豊かな生活が送れるようになると考えられます。

ゴール9「産業と技術革新の基盤をつくろう」 の日本での課題

「産業と技術革新の基盤をつくろう」 の日本での課題はどんなことがあると思う??

日本は、電気、ガス、水道、交通、インターネットなど全てしっかりとした基盤があるから課題はありませんね!

自然災害にも耐えることのできる、「強じんな基盤」という視点では日本も課題があると言えるよ!

東日本大震災での計画停電や、令和元年台風19号における水害や土砂災害などを思い出してもらうと分かるね。

あの時は停電で電車が止まって仕事に行けませんでした!

まんざらでもない顔をしているように見えるのは気のせいかな?

日本は世界的に見ても、自然災害が多発する国であることから、災害が起きてもいち早く元の状態に回復できる強じんな基盤が求められると言えます。

ゴール9「産業と技術革新の基盤をつくろう」 に対して私たちができること

『産業と技術革新の基盤』と言われても、個人でできることはあまりないような……

そんなことはないよ。
まずは自分たちのインフラ設備がどのような仕組みで供給されているかを知るだけでも良いと思うよ!

私たちができること

  • 水はどのように供給されているかなど、自分たちのインフラ設備を理解する
  • 世界のインフラ設備の状況について興味を持つ
  • 災害復旧などの募金をする

ゴール9「産業と技術革新の基盤をつくろう」 のまとめ

まとめ

  • 日本では当たり前の設備が、まだまだ整っていない国や地域が多くある!
  • 災害が起きてもいち早く元の状態に回復できる強じんな基盤が求められる!
  • まずは身の回りのインフラ設備や世界のことに興味を持つなど、自分たちでもできることから始めよう!

ゴール9達成のために、目の前の小さなことから意識して取り組んでみましょう。

「産業と技術革新」と掛けて「ロックバンド」と解きます!

そのこころは?

どちらもベース(基盤・弦楽器)が必要でしょう!

「産業と技術革新」には、電気、ガス、水道、交通、インターネットなどといった、基盤(ベース)が必要不可欠だね!

ゴール9のターゲットはこちら!

9.1 質が高く信頼できる持続可能かつレジリエントな地域・越境インフラなどのインフラを開発し、すべての人々の安価なアクセスに重点を置いた経済発展と人間の福祉を支援する。
9.2 包摂的かつ持続可能な産業化を促進し、2030年までに各国の状況に応じて雇用およびGDPに占める産業セクターの割合を大幅に増加させる。後発開発途上国については同割合を倍増させる。
9.3特に開発途上国における小規模の製造業その他の企業の、安価な資金貸付などの金融サービスやバリューチェーンおよび市場への統合へのアクセスを拡大する。
9.4 2030年までに、資源利用効率の向上とクリーン技術および環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善により、持続可能性を向上させる。すべての国々は各国の能力に応じた取り組みを行う。
9.5 2030年までにイノベーションを促進させることや100万人当たりの研究開発従事者数を大幅に増加させ、また官民研究開発の支出を拡大させるなど、開発途上国をはじめとするすべての国々の産業セクターにおける科学研究を促進し、技術能力を向上させる。
9.a アフリカ諸国、後発開発途上国、内陸開発途上国および小島嶼開発途上国への金融・テクノロジー・技術的支援の強化を通じて、開発途上国における持続可能かつレジリエントなインフラ開発を促進させる。
9.b 産業の多様化や商品への付加価値創造などに資する政策環境の確保などを通じて、開発途上国の国内における技術開発、研究およびイノベーションを支援する
9.c 後発開発途上国において情報通信技術へのアクセスを大幅に向上させ、2020年までに普遍的かつ安価なインターネット・アクセスを提供できるよう図る。