08.働きがいも経済成長も

ゴール8「働きがいも経済成長も」について考えてみよう

働きが芋?
石焼き芋屋さんってことですか?最近あまり見かけないような…… 。

そんな間違い方をする人がいるとは国連も想定してなかったと思うよ。
それでは8番目のゴール「働きがいも経済成長も」について説明していくよ!

ゴール8「働きがいも経済成長も」 の概要

ここでSDGsクイズ!
『ワ-キングプア』とはという言葉はどういう意味でしょう!?

これは分かりました!
いくら働いてもお小遣いが増えない僕のようなことです!

全然レベルが違う話だよ・・・

仕事に就いているにもかかわらず貧困(1日3.2ドル、約350円未満での生活)から抜け出せない働く貧困層のことだよ。
ワーキングプアの人は世界に7億人もいると言われているんだ。

また、一人ひとりの「労働の質」の改善が長年されていないことが課題となっているよ!

解説

働きがいがあり、十分な収入を得ることができてあらゆる権利が守られる、そんな人間らしい仕事のことを「ディーセント・ワーク」と言います。

他にも、過度の長時間労働や児童労働など、労働に関する様々な課題があります。
労働者の犠牲のもとに成り立つ経済発展は、決して持続可能なものではありません。

世界中のみんなが幸せに働きながら、経済を発展させる、世界を持続可能なものとするためには、そのような取組が必要となります。

焼き芋屋さんを発展させるっていう目標じゃなかったんですね。

当然でしょ。

ゴール8「働きがいも経済成長も」の日本での課題

日本は世界的に見ても、長時間労働が課題であり、2013年には、「多くの労働者が非常に長時間の労働に従事し、過労死が発生し続けている」と国連から指摘されています。

下の図を見て分かるとおり、パートタイムなどが多い女性を除いた「男性1日あたりの平均労働時間」は世界1位となっています。

日本は、この計算に入っていない「サービス残業」が多いことも指摘されています。
時間労働を是正する「働き方改革」により「ワーク・ライフ・バランス」を達成することが必要です。

あんまり早く帰ると家族に嫌がられるんですが…。

働き方の前に色々改善する必要がありそうだね。

また、非正規職員と正規職員の収入格差も日本の課題とされており、時給に換算すると欧州では非正規職員の収入は正規職員の8割であるのに対し、日本は6割程度となっています。

育児や介護の負担が大きい女性が、時間的拘束がある正規職員を選べないという現状もあります。

ゴール8「働きがいも経済成長も」 に対して私たちができること

といっても自分一人でできることなんて中々思いつかないな……

そんなことはないよ。
個人でも簡単にできるものは、以下のようにたくさんあるよ!

私たちができること

  • 無駄な会議や仕事を減らすなどワークライフバランスを考えて上手に働く
  • フェアトレード商品(公平・公正な取引と認定された商品)を購入する
  • ESG投資(財務情報だけでなく、環境(E)・社会(S)・企業統治(G)を考慮する投資)をする。

ゴール8「働きがいも経済成長も」 のまとめ

まとめ

  • 仕事がない失業者は、世界で約2億人以上、ワーキングプア(働く貧困層)については、7億人もいる!
  • 日本は世界的に見ても、長時間労働が多いことや非正規職員と正規職員の収入格差などが課題としてある!
  • ワークライフバランスを考えて働くなど、自分たちでもできることから始めよう!

ゴール8達成のために、目の前の小さなことから意識して取り組んでみましょう。

『ワークライフバランス』と掛けまして、『人気の予備校』と解きます!

そのこころは?

どちらもこうし(公私・講師)が充実しているでしょう!

ワークライフバランスを考えた働き方で、公私ともに充実させよう!

ゴール8のターゲットはこちら!

8.1 各国の状況に応じて、一人当たり経済成長率を持続させる。特に後発開発途上国は少なくとも年率7%の成長率を保つ。
8.2 高付加価値セクターや労働集約型セクターに重点を置くことなどにより、多様化、技術向上およびイノベーションを通じた高いレベルの経済生産性を達成する。
8.3 生産活動や適切な雇用創出、起業、創造性、およびイノベーションを支援する開発重視型の政策を促進するとともに、金融サービスへのアクセス改善などを通じて中小零細企業の設立や成長を奨励する。
8.4 2030年までに、世界の消費と生産における資源効率を漸進的に改善させ、先進国主導の下、持続可能な消費と生産に関する10カ年計画枠組みに従い、経済成長と環境悪化の分断を図る。
8.5 2030年までに、若者や障害者を含むすべての男性および女性の、完全かつ生産的な雇用およびディーセント・ワーク、ならびに同一労働同一賃金を達成する。
8.6 2020年までに、就労、就学、職業訓練のいずれも行っていない若者の割合を大幅に減らす。
8.7 強制労働を根絶し、現代の奴隷制、人身売買を終わらせるための迅速で効果的措置の実施、最も劣悪な形態の児童就労の禁止・撲滅を保障する。2025年までに少年兵の徴募や利用を含むあらゆる形態の児童就労を撲滅する。
8.8 移住労働者、特に女性の移住労働者や不安定な雇用状態にある労働者など、すべての労働者の権利を保護し、安全・安心な労働環境を促進する。
8.9 2030年までに、雇用創出、地元の文化・産品の販促につながる持続可能な観光業を促進するための政策を立案し実施する。
8.10 国内の金融機関の能力を強化し、すべての人々の銀行取引、保険、および金融サービスへのアクセス拡大を促進する。
8.a 後発開発途上国のための拡大統合フレームワークなどを通じて、開発途上国、特に後発開発途上国に対する貿易のための援助を拡大する。
8.b 2020年までに、若年雇用のための世界的戦略および国際労働機関(ILO)の仕事に関する世界協定の実施を展開・運用化する。