14.海の豊かさを守ろう

14番目のゴール「海の豊かさを守ろう」について考えてみよう。

海を綺麗にするために、今度掃除機持ってビーチクリーンに参加します!

砂がたくさん吸えそうだね…。
それでは14番目のゴール「海の豊かさを守ろう」について説明していくよ!

ゴール14「海の豊かさを守ろう」の概要  

私たちが生きている地球の約70%を占める海。私たちはこの海から沢山の恵みを受けて生活をしています。
しかし、豊かな恵みをもたらす海は、私たちの出すプラスチックゴミによって汚染が進んでいます。

世界では年間「5兆枚」という、とんでもなく多くのビニール袋が年間に使用されています。
そしてそのうちの一部はリサイクルされずに海に行きつくことになります。

「海のプラスチックの量は、2050年までには魚の量を上回る」そんな予想もされています。

また、近年魚の乱獲が指摘されていて、多くの海の生き物が絶滅の危機にあります。
海の多様性が失われることは、私たちの食卓に魚が届かなくなるだけではなく、水質の悪化や海岸の浸食にもつながると言われています。

これらの世界的な海に関する問題を解決するための目標が、ゴール14「海の豊かさを守ろう」になります。

僕の住んでいる相模原市には海はないからこの目標はあんまり関係ないよね。

海のゴミの多くは川から流出しているってこと知ってるかな?
決して関係なくはないよ!

ゴール14「海の豊かさを守ろう」の日本での課題

実は、日本の1人当たりの使い捨てプラスチックの使用量は、アメリカに次いで世界で2番目に多いんです。国連環境計画(UNEP)調査

また、2018年6月に開催されたG7において、「海洋プラスチック憲章」にも署名していないことや、国によるレジ袋の規制がないなど、他の先進国と比べて対策が遅れています。

コンビニでビニール袋を複数に分けてくれたり、スーパーでは厳重にラップされた商品が売られていたりなど、日常を思い返すだけでも、日本がプラスチックに溢れた国であることが分かります。

海や川に捨てるのはプライドだけにします!

それはそれで捨てないほうがいいよ。

ゴール14「海の豊かさを守ろう」 に対して私たちができること

通称「海のエコラベル」と呼ばれる「MSC」という認証制度がありますね。スーパーでMSC認証のラベルの付いた魚を探してみようかな。

でもそれだけじゃなくて、例えば海の豊かさを守るためには、以下のようなものがあるよ!

私たちができること

  • マイエコバックを使用し、レジ袋はもらわない
  • マイボトルを使用し、ペットボトルやストローの使用を減らす
  • 簡易包装の商品を選ぶ
  • ゴミの分別を徹底する

ゴール14「海の豊かさを守ろう」 のまとめ

まとめ

  • 世界では多くのプラスチックが使用されており、「海のプラスチックの量は、2050年までには魚の量を 上回る」とも言われている!
  • 日本の1人当たりの使い捨てプラスチックの使用量は、アメリカに次いで世界で2番目に多い!
  • マイエコバックやマイボトルを使用するなど、自分たちでもできることから始めよう!

プラスチックを日本がこんなにたくさん使用しているとは、思っていなかった方も多かったのではないでしょうか?
ゴール14「海の豊かさを守ろう」の問題は日本に深い関係があることがご理解いただけたと思います。

ゴール14達成のために、目の前の小さなことから意識して取り組んでみましょう。
ゴール14の細かい目標を定めた「ターゲット」も知りたい方は以下も参考にしてください。

ゴール14のターゲットはこちら!

14.12025年までに、海洋ごみや富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する。
14.22020年までに、海洋及び沿岸の生態系に関する重大な悪影響を回避するため、強靱性(レジリエンス)の強化などによる持続的な管理と保護を行い、健全で生産的な海洋を実現するため、海洋及び沿岸の生態系の回復のための取組を行う。
14.3あらゆるレベルでの科学的協力の促進などを通じて、海洋酸性化の影響を最小限化し、対処する。
14.4水産資源を、実現可能な最短期間で少なくとも各資源の生物学的特性によって定められる最大持続生産量のレベルまで回復させるため、2020年までに、漁獲を効果的に規制し、過剰漁業や違法・無報告・無規制(IUU)漁業及び破壊的な漁業慣行を終了し、科学的な管理計画を実施する。
14.52020年までに、国内法及び国際法に則り、最大限入手可能な科学情報に基づいて、少なくとも沿岸域及び海域の10パーセントを保全する。
14.6開発途上国及び後発開発途上国に対する適切かつ効果的な、特別かつ異なる待遇が、世界貿易機関(WTO)漁業補助金交渉の不可分の要素であるべきことを認識した上で、2020年までに、過剰漁獲能力や過剰漁獲につながる漁業補助金を禁止し、違法・無報告・無規制(IUU)漁業につながる補助金を撤廃し、同様の新たな補助金の導入を抑制する。
14.72030年までに、漁業、水産養殖及び観光の持続可能な管理などを通じ、小島嶼開発途上国及び後発開発途上国の海洋資源の持続的な利用による経済的便益を増大させる。
14.a海洋の健全性の改善と、開発途上国、特に小島嶼開発途上国および後発開発途上国の開発における海洋生物多様性の寄与向上のために、海洋技術の移転に関するユネスコ政府間海洋学委員会の基準・ガイドラインを勘案しつつ、科学的知識の増進、研究能力の向上、及び海洋技術の移転を行う。
14.b小規模・沿岸零細漁業者に対し、海洋資源及び市場へのアクセスを提供する。
14.c「我々の求める未来」のパラ158において想起されるとおり、海洋及び海洋資源の保全及び持続可能な利用のための法的枠組みを規定する海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)に反映されている国際法を実施することにより、海洋及び海洋資源の保全及び持続可能な利用を強化する。