さがみはらSDGsパートナー

さがみはらSDGsパートナー制度とは?
さがみはらSDGsパートナー制度とは?

相模原市とともに、SDGsの達成に向けた取組や地域課題の解決、SDGsの普及啓発に取り組んでいただける企業・団体等を「さがみはらSDGsパートナー」として登録する制度です。

詳しくはこちら

17のゴールごとの検索はこちら
五十音順ごとの検索はこちら

新着順 50音順

パートナーリストのダウンロード

株式会社 ウイッツコミュニティ

株式会社 ウイッツコミュニティ

SDGsの取り組み

  • ウイッツ西門プラザ敷地内に「みんなの井戸」設置(相模原市災害時協力井戸)
  • ウイッツ西門プラザ屋上に自家発電機設置
  • 太陽光発電設置(令和3年4月予定)
  • 定期的「防災訓練」の実施
  • 消防署・地域・協力会社との協動
  • 多岐にわたる雇用制度(女性積極活用・アスリート社員・リファラル紹介)

合同会社 ヴィナカ

NO IMG

SDGsの取り組み

  • 食事や運動などの意味と意義を学んでもらう。心身の健康と幸せにつなげる健康セミナーなどを行っていく。
  • 健康を通し、変化が出た人のコミュニティを作りさらなる健康増進の輪を広げると共に、働く楽しさや働けるカラダを作る。

株式会社 ウェブコンサルチーム

株式会社 ウェブコンサルチーム

SDGsの取り組み

  • 社内照明のLED化、社内使用自動車のハイブリッド車に移行など
  • 育児をしている方でも働ける環境づくり
  • 事務所内のゴミの分別、リサイクルの徹底
  • 資格取得支援による社員のスキルアップの促進

ウェブフィット

NO IMG

SDGsの取り組み

  • 性別や年齢に関係なく、多様な人材が個性を活かせる環境づくりおよび雇用を推進しています。
  • 寄付活動には積極的に参加しています。
  • 再生可能エネルギーの継続的な利用をしています。
  • メディアを通して、SDGsの目標達成に向けた取り組みを発信しています。

株式会社 植光造園

株式会社 植光造園

SDGsの取り組み

  • 業務で使用する車両のこまめなアイドリングストップ実施
  • 緑地管理で使用するチェンソーは生分解性チェンソーオイルを使用して環境に配慮
  • 今まで緑地管理で使用していたエンジンの剪定機や草刈り機はTPOに合わせてバッテリー製品を使用
  • 剪定や伐採で発生した木材の再利用を積極的に実施(自社にてチップ化)し、ゴミの焼却減による地球温暖化対策に力を入れている。
  • 女性が活躍できるように環境設備を整備
  • 外国人雇用を積極的に実施する
  • 地域の清掃活動、自治会イベント等に積極的に参加
  • 職員の定期健康診断実施、毎日の健康管理実施
  • 雨水タンクを利用して樹木の灌水を実施

株式会社 植義

NO IMG

SDGsの取り組み

  • 自然災害が相次ぐ中、すべての人が安心して住み続けられるよう、減災のために自然循環を意識した工事・緑地管理を行う。
  • 工事において発生する廃棄物は、分別を徹底しなるべく減量し、リユース・リサイクルできるものは率先して行うようにする。
  • 工事において、有害物質等が河川や地下水に流れ込まないよう配慮し、実践する。
  • ITツール等を活用し労働環境を整備することで、老若男女・障がいの有無・国籍を問わず働きがいがあり、効率的に仕事ができるようにする。
  • 職員、職員家族の定期健康診断を実施する。

ウォータースタンド株式会社 相模原営業所

NO IMG

SDGsの取り組み

  • 環境負荷が少ない水道直結のウォーターサーバー「ウォータースタンド」の普及を通して、環境課題解決の取り組み
  • ウォータースタンドとマイボトルの組み合わせで、使い捨てペットボトルを削減し、海洋プラスチック・マイクロプラスチック・気候変動などの環境課題解決に貢献

美し風水®協会

美し風水®協会

SDGsの取り組み

  • 風水を活用したサービス提供を通して、住み続けられるまちづくりの実現を目指している。
  • 色彩を活用した暮らしを豊かにするためのセミナーや講座を通して、生きる力と教育、メンタルヘルスの良好化に取り組んでいる。
  • 食べきれない時は捨てずに冷凍保存するなど、食材をなるべく廃棄せずにフードロスを抑制する取り組みを、美し風水開運フード講座を通しておこなっている。

株式会社 梅津測量設計

株式会社 梅津測量設計

SDGsの取り組み

  • 近隣関係における境界トラブルを未然に解決し、また実際にトラブルに直面した時の紛争解決による、地域の皆様が日々安心して暮らすまちづくり
  • 市内中学校、高校における仕事の楽しさ、仕事の魅力を伝える「地域の先生」事業や、測量実習のある高校で実施する資格者における「出前授業」に参加することによる、未来の働き手の育成
  • 測量の図面作成に使用するCADシステムや社内サーバーのクラウド化を進め、感染症対策や女性の働きやすいリモートでの業務が行える環境づくりの推進
  • 不動産登記申請における電子申請システムを導入することにより、紙資源の削減、名刺のLIMEX素材による水資源の削減
  • 市内における地域活動への参加や協賛の協力をすることによる、本業だけではない繋がりの中で地域貢献

株式会社 エー・アールケイ

NO IMG

SDGsの取り組み

  • 産業用、家庭用太陽光発電を中心とした再生可能エネルギー普及拡大によるクリーンエネルギーの創出とCO2 削減
  •  太陽光発電、蓄電池による自家消費の普及拡大によるエネルギー、CO2 の削減
  •  産業廃棄物の適正処理と分別管理の徹底による廃棄物のリサイクル推進
  •  社内照明のLED 化、社用車にハイブリッド車を使用し、co2 削減
  •  SDGs の普及啓発活動

株式会社 AIR WOLF

株式会社 AIR WOLF

SDGsの取り組み

  • ドローンを使用した農業の効率化の取り組み
  • ドローンスクール運営
  • 建築分野でのドローン活用推進

Ecoinno Japan株式会社

NO IMG

SDGsの取り組み

  • プラスチックに代替する素材を植物原料で開発し、その素材を活かした製品開発に取り組んでいます。現在は特にプラスチック容器を減らすべく、使い捨て容器の開発に力を入れており、使用済み容器を回収→堆肥化の仕組みづくりにも取り組んでいます。

株式会社 エコロ

NO IMG

SDGsの取り組み

  • 相模原市緑区産木材を使用し、日本古来の伝統工芸を推奨しつつ、新しいタイプの商品を開発
  • 災害時等などにも使用できる、小型の移動式太陽光発電を製作(中古の太陽光発電パネルも使用可能)
  • 竹や瓶を使用したLED 照明の製作

株式会社SA

株式会社SA

SDGsの取り組み

  • オリジナルティッシュを作成し、がんに対する啓蒙活動、及び、がん検診受診率向上に取り組む
  • 社内証明を全面LED証明に変更し、省エネに取り組む
  • 商工会を通じ、ポリオワクチン寄付のエコキャップ活動に参加する
  • エコバックの利用促進により環境活動に取り組む
  • 津波被害を受けた東北沿岸部の黒松再生活動に参加

 

 

SMC株式会社 厚木ブロック厚木営業所

SMC株式会社 厚木ブロック厚木営業所

SDGsの取り組み

  • 空気圧機器によるCO2 削減活動
  • 【省エネ】工場電力量の約20%は空気圧機器で消費されています。現状把握から対策まで、省エネシステムの提案
  • 【小型/軽量化】CO2 排出量を削減した機器の提案
  • 【エコ】長寿命/省エネルギー機器の提案

SC相模原

NO IMG

SDGsの取り組み

  • Jリーガーを学校に派遣し子どもたちに夢や目標を持つことの大切さをとく「夢授業」の実施
  • 試合時のスタジアムでのごみの削減を図る「森のタンブラー」や「リユースカップ」の導入
  • 地域のまつりやイベントにクラブマスコットのガミティや選手の派遣やブース出店
  • 障がい者サッカー教室や試合運営参加
  • ごみゼロキャンペーンや相模川クリーン大作戦への参加

エスティーロリブレ&エストレーラ

NO IMG

SDGsの取り組み

  • 地域の子供たちが未来を切り拓いていく力を育むための機会を創出
  • 様々なワークショップによる、自分で学び、自分で理解していく力の育成
  • 学校で学ぶ勉強、子ども新聞、ダンスなど多岐にわたる内容でSDGsの理解を深め、自分で考え取り組んでいける素地を形成

エッキミュージックサロン

エッキミュージックサロン

SDGsの取り組み

  • 音楽スクール・イベント・楽曲提供・生演奏等の業務を行うエッキミュージックサロンは、個人レッスンを通して個々の能力や個性を理解し、子ども達には音楽教育を通して学習意欲や積極性を引き出し、大人には様々な人々が音楽を通して理解し合い、お互いを尊重できる環境作りに努めている。
  • またレッスンを請負う講師達には、己の能力や技術を十分に発揮し「オンリーワンの存在」となる事を目指しているため「8働きがいも生きがいも」に該当する。
  • 楽曲提供を通して企業の広報活動への協力をおこなったり、イベントを他業種と開催することにより、「17パートナーシップで目標を達成しよう」へ貢献する。

ecke

ecke

SDGsの取り組み

  • 東京で週1回、名古屋で月1回、『EINSIEDLERKREBS Kaffee Kiosk』という屋号で間借りのコーヒースタンドを営業している。使用するコーヒーにはフェアトレード認証の生豆を一部使用する他、フェアトレード原材料を使った焼菓子やその他ドリンクも提供している。
  • ドリンク一杯につき20 円を、紛争地域への医療援助活動等を行うドイツのNGO「ドイツ国際平和村」に寄付する「Cup for Two」プロジェクトを実施。

NNP

NO IMG

SDGsの取り組み

  • 在住周辺地域の地域活動への積極的な関わり
  • 環境に配慮した広告方法を選定した提案